ご利用案内会員登録/会員情報変更お申込照会カートを見る
会員ID パスワード ログイン 会員登録
友よ 星の数だけ 幸せを
月光荘のとは〈月光荘の歴史〉
〜創業者・橋本兵蔵〜
 月光荘画材店の創業者である橋本兵藏は、明治27年(1894年)富山に生まれ、北アルプスの雪どけ水が日本海にそそぐ自然豊かな街で育ちました。
 兵藏の父は、柿の木の手の届くところの実はお遍路さんに、てっぺんの実は鳥たちのために取っておくよう子供たちに諭すような人で、自然のふところで人や動物が共に助け合って生きていくことの大切さを兵藏に繰り返し聞かせたと言います。
 また自分は学校などは出ていなかったけれど、子供たちには学ぶ環境が大切なのだと、本を次々に買っては蔵の中に積んでいきました。これはいわゆる無言の教育といったもので、兵藏は本を沢山読んで育つことができました。
 この父が、兵藏が物心つく頃から耳にタコができるほど繰り返し語った言葉があります。

「1.人のものを盗るな。2.人に迷惑をかけるな。3.一所懸命に働け。これができて半人前。その上で人に恩を返すことができて一人前。」

 そして兵藏の母もまた、我が家の貧しさもかえりみず、近所の貧しい家に自分のところの餅を持っていくような慈悲深い人だったといいます。
 こうした両親に育てられた兵藏は自由な精神を育み、山野を駆け巡っては草花の美しさに心をときめかせていました。また、空にかかる虹を見ることが大好きで、ある時、「俺、あの虹の橋を渡ってみたいんだ!」と学校の先生の制止を振り切って駆けだすほど、自然の美しさに惹きつけられていました。
 この頃抱いた感情は、色に対する憧れとなって心の奥にくすぶりつづけ、後年、純国産絵の具の開発にあたった際の礎になったと、晩年語っています。
〜創業秘話〜
 自然豊かな環境のもとで多感な少年時代を過ごした兵藏は、やがて東京に憧れを抱くようになり、大正元年(1912年)、18歳の時に富山から上京します。そして郵便配達夫などの仕事を転々としながら、YMCAの主事であったフィッシャー氏の九段の家に書生として住み込みで働き始めます。その時の向かいの家が、歌人・与謝野鉄幹、晶子夫妻の家でした。
 かねてより与謝野夫妻の歌集を愛読していた兵藏は、一度でいいから会いたいと日々心をときめかせ、ある日とうとう我慢しきれなくなって、一人で訪ねていく決心をします。
 突然訪ねてきた田舎者丸出しの青年を、夫妻は嫌な顔ひとつせず招き入れてくれました。そして兵藏のことを気に入り、いつでも来なさいと言ってくれたばかりか、その後折にふれて与謝野家に集うお客様たちに紹介してくれるようになったのです。
 当時夫妻は雑誌「明星」を主宰していて、家には北原白秋、石川啄木、高村光太郎などの詩人や、藤島武二、梅原龍三郎、有島生馬、岡田三郎助などの画家たち、また建築家や歌舞伎役者など、ジャンルを超えた人々が集まっていました。
 夫妻の家で、兵藏は気の利いた話などできるわけもなく、ただ皆が話すのを黙って聞いているばかりでしたが、集まった人たちからだんだんと可愛がられるようになります。そのうちに兵藏の心の中で、それまでまったく知らなかった芸術の世界がひろがっていきます。画家たちが語る、「ものをみる目」 「表現する心」といったものに心を奪われていくのです。
 いつも控えめだった青年が、思い切って画家の先生たちを前に、幼きころ生まれ育った街で見た虹にどれだけ憧れをもったかを語ったことがあるといいます。そしてなんとかこの魅力的な芸術家たちの仲間に加わって、自分のお役に立てるものがないものかと、いつの間にか考えるようになっていました。
 そんな彼に皆が助言をしてくれるようになります。

「君には色に対しての憧れがあるし、いい感覚と感性があるから、ひとつ色彩に関係する仕事をしてみてはどうだろう。」

 兵藏はかねてから、画家たちが国内で売られている絵の具や画材に不満をもらしているのを知っていました。この助言がきっかけとなって、画材商になる決意を固めていきます。
 兵藏は晩年、この時の気持ちを次のように語っています。

「私の一生をかけて、芸術というこの大きなものに心血を注いでいる先生方の、少しでもお役に立つようになろうと固い決心をしたんだよ。」
〜「月光荘画材店」と「月光荘おやじ」の誕生〜
 兵藏はまず、外国から絵の具の輸入をはじめます。画材の注文があると、雨風のひどい日でも郵便配達夫時代のように自転車で届けて回りました。
 やがて資金が貯まり、ついに大正6年(1917年)、東京新宿の角筈に最初の月光荘画材店が誕生します。橋本兵蔵、23歳の時でした。
 そしていよいよお店を開くという時に、与謝野晶子さんが歌を一首詠んでくださります。

「大空の 月の中より君来しや ひるも光りぬ 夜も光りぬ」

 そして鉄幹さんがフランスのヴェルレーヌの詩「月光と人」から引用して、「月光荘」と名付けてくださいました。現在のお店の入り口にある看板に書かれた「月光荘」の文字も、与謝野晶子さんによる直筆の書体です。また、トレードマークである「友を呼ぶホルン」は、与謝野夫妻を中心とした当時の文化人グループ(小山内薫、芥川龍之介、島崎藤村、有島武郎、初代猿之助、森律子、藤島武二、岡田三郎助など30数名)の方々が一緒になって考案してくださったもので、音を奏でて多くの人に集ってもらいたいという願いが込められました。兵藏はどれほど感激したことでしょう。
 この時の与謝野夫妻のご恩を生涯忘れぬよう、兵藏は自らを「月光荘おやじ」と名乗るようになります。それからは郵便物の宛名もすべて、「月光荘おやじ」、「月光荘おじさん」で届くようになりました。
 店の建築設計は藤田嗣治の監修によるもので、パリの街角をそのまま移したような当時としては斬新なつくりだったので、 珍しい建築だからとさまざまな映画のロケーションとしても使われました。店員さんにも、背の高いフランス人の女性がいて、当時としてはかなりハイカラな雰囲気だったようです。
 その後の金銭面を心配した与謝野晶子さんは、自分の名刺に「私の友人」と書き記したものを兵藏に持たせて、新宿中村屋のご主人である相馬愛蔵、富山出身で富士銀行創始者の安田善次郎、生活協同組合創始者の賀川豊彦らに引き合わせ、経営のイロハを学ばせます。

「売れるものを考えるのではなくて、人が喜ぶものを売ること。」
「自分で売るものは自分で作り、自信のあるものだけを売りなさい。そして売りたいがための値下げで、安売りなんかをしてはいけない。そんな絵の具にとびつく画家はきっと大成しないはずだから。どんな時でもお金の奴隷になってはいけないよ。」


 そんな経営の大先輩方の助言をかたく守って、月光荘は船出しました。
〜画材研究の傍らで〜
 開店当初はまだ自社製の絵の具は完成しておらず、国内で唯一取り扱ったフランス製のL.C.H(エルセイアッシュ)PARISのほか、フロレンス油絵具を扱っていました。若き日の中川一政、小磯良平、猪熊弦一郎、中西利雄、脇田和さんなども通ってきていました。
 月光荘おやじは、店を持ちながらも画材配達を続けます。画材をアトリエへ届けると、画家が実際にどのように画材を使っているのかを見せてもらい、画材の研究を重ねてどんどん改良を加えていくためです。
 たとえば画面に色を置こうと筆を持っていったとき、長時間の制作では、筆に塗られたニスの色や金文字が目にチラチラして、視覚が惑わされるという画家の話を聞いて、白木の筆軸が生まれました。
 また、今では当たり前になった画箱を取り付けられるイーゼルも、野外での写生時に強風でイーゼルごと作品が倒れたり、下に置かれた絵の具をいちいちかがんで取り上げるのに腰が疲れて困っているという当時の作家の声を聞き、従来のイーゼルに手を加えて作られたものです。
 やがて開店して5、6年ほど経った頃には、少しずつ店も軌道に乗り始め、与謝野夫妻を中心に当時の文化人たちが集うサロンのような場所になっていきました。
 そうした中で、当時まだ珍しかったカラー写真を表紙にあしらった雑誌「月光荘便り」を刊行して画家たちの交流を深めていったり、昭和に入ってからも、好きだった「西洋映画」と「西洋画」の両方をかけ合わせた雑誌「洋画新報」、続いて雑誌「近代風景」を創刊します。戦後には大判の紙に商品やニュースを印刷して「読む包装紙」と名付けたものを作りました。雑誌作りは、タバコも吸わず、晩酌はお銚子一本と自らを戒めて暮らしていた「月光荘おやじ」にとって、かけがえのない楽しみでした。
 また、昭和16年頃には新進作家のための発表の場としてギャラリーを開き、岡田三郎助を審査員に「新人コンクールフローレンス賞」を開催します。この新しい作家を育てていくという理念は、現在の月光荘画室の運営において、変わらず根底に流れているものです。
 その後、新宿のお店は昭和20年の大空襲ですべてが灰燼に帰し、故郷の宇奈月温泉の山に作った画家のための理想郷も戦後の大火で焼失、兵蔵は本当の裸一貫になります。そして終戦後の昭和23年、東京銀座・泰明小学校前に店を再開し、その後何度か銀座の中で引っ越しを重ね、平成18年、現在の銀座8丁目・花椿通り沿いに月光荘画材店はやってきました。
〜友を呼ぶホルンに集った仲間たち〜
創業以来、沢山の画家さんが月光荘をご贔屓にして下さっていますが、洋画家の猪熊弦一郎さんもよくお店にお寄りくださいました。ご夫婦で銀座で映画を観たあと、「おやじ、いるかぁ?」と夫婦でよく立ち寄っては、「悲しかったよ。」と、見てきたばかりの映画のストーリーを話しながらまた泣いたりしていました。
1951年に猪熊さんが制作され、現在でも上野駅の中央改札口を飾っている壁画「自由」や慶應義塾大学の食堂壁画でも、月光荘画材店の絵の具が使われました。
壁画の洗浄もままならなかった当時、「ほこりが積もらないよう、盛り上がりの少ないクリーミーな白を作ってくれよ」という猪熊さんのリクエストに応えて作り出されたのが、当店の「チタンホワイト(No.1)」。2002年にその壁画の修復作業が行われた際、現場で作業にあたった人から、「ペンキの部分は劣化していたものの、月光荘画材店の油絵の具のところはきちんと残っていたよ。」というとても嬉しい一言を頂きました。
職人たちと、せめぎ合いながらも一緒になって作ったものが50年経っても残っている。月光荘にとって大変誇りに思えるエピソードでした。